闇金 借りてないのに取り立て

闇金 借りてないのに取り立て

闇金 借りてないのに取り立て

実は、債務者は、闇金から、
1円も借りてないのに取り立てした
元闇金店長の体験談を書いておこう。

 

下記でも俺が闇金店長時代に行った
取り立ての実体験を書いてある。

 

闇金取り立て実話

 

 

相手が会社経営者などの場合
倒産したり、資金繰りで困ってしまう時がある。

 

で、当時、俺がやっていた闇金に
「100万円を貸して欲しい」って電話があり
訪問したワケだ。
※現金を持って訪問する。

 

で、いろいろ話をしている内に
この社長は、実は闇金から借りる必要がない事に
俺は気が付いた。

 

なので、途中で作戦変更した。

 

それは?『付き合い』だ。
そして、こう切り出す。
「訪問してしまった以上は、手ぶらで帰れないんです」
と。いわゆる情に訴えるパターン。

 

で、本来金を貸し付ける時は
きちんとその額を渡すのが
こういった場合にはお金を渡さずに
小切手を切らせる。

やりとりとしてはこんな感じだ。

 

「100万円持って来てるから、
 130万円で小切手切ってもらわないと困るよ」
「もう、会社への振り込みも出来ないし!」と伝える。

 

ここで、少し利率が高い
ので、なんとかしてほしいとなる。

 

で、闇金業者としてはこう切り出す。
「100万円の小切手は預かるだけで
 お金振り込んで貰ったら、すぐ破棄するんで」

 

「10日後に社長は
 俺に25万円振り込んでくれたら、
 それで終わりでいいですよ!」

 

当初は10日後に30%だったが
25%に条件を下げてたようにみせる。

で、
「その代わり、それが出来なかったら、
 130万円払ってもらいますよ?」

 

社長、今日は付き合いだから、
お金渡さないから、
10日後に25万円だけ振り込んでもらえれば
100万円で決済したことにするよ!

 

お金渡したら使っちゃうでしょ???
とワケわからなくしてしまう。

 

その結果
この社長は1円も借りていない状態にも
関わらず、負債を抱える。

で、10日後に
25万円用意できたら、一部を俺の懐に入れ
残りは利息分だけを返済に回す。

用意できなければ、追い貸しする形
で取り立てになる。
いずれにしても、
完済できない状況になっていくのである・・・。

本来、闇金業者と付き合いなんてものは
持たない方がいいに決まっている。

 

闇金の場合
1円も借りてなくても
上記のような方法で取り立て
を行うのである。

 

トップへ戻る